Elasticsearchの停止

公式のドキュメントを参考にElasticsearchの停止の仕方を学ぶ。

以下のドキュメント Stopping Elasticsearchを参考にした。

www.elastic.co

検証環境 Elasticsearchのバージョン:6.0.0-rc1

Elasticsearchを何らかのサービスで実行している場合は、提供されているサービス管理機能を使用してElasticsearchを停止させる。 Elasticsearchをコンソールから直接実行している場合は Control + c で停止させる。 実際に起動させた状態でControl + cを押すと4行ほど終了の合図がでて正常に終了する。

[2017-10-25T14:09:38,559][INFO ][o.e.n.Node               ] [Xj840__] started
[2017-10-25T14:09:38,567][INFO ][o.e.g.GatewayService     ] [Xj840__] recovered [0] indices into cluster_state
^C[2017-10-25T15:01:16,997][INFO ][o.e.n.Node               ] [Xj840__] stopping ...
[2017-10-25T15:01:17,010][INFO ][o.e.n.Node               ] [Xj840__] stopped
[2017-10-25T15:01:17,011][INFO ][o.e.n.Node               ] [Xj840__] closing ...
[2017-10-25T15:01:17,021][INFO ][o.e.n.Node               ] [Xj840__] closed
bash-3.2$

また、プロセス番号を指定してkillコマンドを入力させ停止させる方法もある。

[2017-10-25T15:09:35,640][INFO ][o.e.n.Node               ] [Xj840__] started
[2017-10-25T15:09:35,646][INFO ][o.e.g.GatewayService     ] [Xj840__] recovered [0] indices into cluster_state
bash-3.2$ ps | grep elasticsearch
 1410 ttys000    0:17.53 (省略)
 1436 ttys002    0:00.00 grep elasticsearch
bash-3.2$ kill -9 1410
Killed: 9
bash-3.2$

Elasticsearchは致命的なエラーが起こる場合がある。致命的なエラーを検出すると、Elasticsearchはエラーを記録しようと試みて、それから 仮想マシンを停止する。Elasticsearchプロセスには、エラーの性質を示す特殊なステータスコードも返される。

エラー内容 ステータスコード
JVMの内部に関するエラー 128
メモリ不足エラー 127
スタックオーバーフローエラー 126
不明な仮想マシンに関するエラー 125
深刻なI / Oエラー 124
不明な致命的なエラー 1