検索ブログ

主に検索のことについて書いています。

Google AdWords 検索広告が有効なツールであることを動機づける調査の概要

まず、Google AdWordsというのはGoogleが提供している広告管理・運用サービスのことである。
Google AdWordsのなかでもいくつか細分化されていて、今回はそのなかで検索広告について記す。

GoogleがやっているGoogle AdWords 認定資格というものもある。実際に私は、お金をかけてGoogle AdWordsをやった経験がないが、認定資格は取得しているので基礎的な知識は紹介できると思う。 support.google.com

Google AdWords 検索広告認定資格試験のガイドを参考に検索広告について紹介していく。
今回はモジュール1: 検索広告の概要について記す。 support.google.com

Googleの検索回数は毎月1000億回を超えている(出典 2014年の記事: A Year in Search 2014: Highlights for Marketers )。広告主にとって、この膨大な検索行為はユーザーにアピールする絶好のチャンスである。Googleは、広告主に実用的なデータを提供できるように検索エンジンを分析している。

ユーザーの80%(5000人に実験して4000人)は身近な地域向けにカスタマイズされた情報が得られる検索広告を望んでいる( https://support.google.com/partners/answer/6322168?hl=ja&ref_topic=6322135 )。このことから検索広告で住所表示オプションを利用することが有効であることがわかる。

また、別の調査では59%のユーザーはモバイル広告が役立つ情報である( https://ssl.gstatic.com/think/docs/creating-moments-that-matter_research-studies.pdf のP29)と答えておりモバイル検索広告も重要であることもわかる。

加えて、検索広告によって真っ先に思い浮かべるブランドとしての認知度が平均 6.6 % も向上したというデータもあります( https://www.thinkwithgoogle.com/advertising-channels/search/search-ads-drive-brand-awareness/ )。

以上の様々な調査結果から考えてもGoogle検索広告は潜在顧客にアピールできる強力なツールであることがわかる。