検索ブログ

主に検索のことについて書いています。

フリマアプリ内のサイト内検索

最近、メルカリなどのフリマアプリはCMをするほどとても人気なものになっています。フリマアプリを使うときは検索行為が必須になりますが、それぞれのアプリではサイト内検索をどのように構成しているのでしょうか。
今回は5つのフリマアプリを調べてみます。
検証環境: iOS 2017/10/24

まず5つのフリマアプリの概要は以下の通りです。

フリアアプリ名 簡単な説明
フリル やや女性向け・UIにこだわっている
メルカリ 日本で5000万件ダウンロード・オールジャンル
ラクマ 楽天運営・楽天ポイントが使用できる
SHOPPIES 老舗・女性向け
オタマート オタク系の商品に特化

フリマアプリのサイト内検索のソート

まず、フリマアプリのサイト内検索のソートについて調べてみました。 ソートの表示順序を調べてみた結果、案外ばらばらなことがわかりました。また、フリマアプリごとに5種類程のソートの種類がありました。

f:id:sakura818uuu:20171027143433p:plain

実際のアプリの画面を次のページで紹介します。

フリマアプリのサイト内検索のソート(実際の画面)

f:id:sakura818uuu:20171027144554p:plain f:id:sakura818uuu:20171027144631p:plain

フリマアプリの検索の絞り込み

フリマアプリ内の絞り込み検索は、順序も種類もばらばらでそれぞれのアプリの特色がよくでています。

f:id:sakura818uuu:20171027144804p:plain

実際のアプリの画面を次のページで紹介します。

フリマアプリの検索の絞り込み(実際の画面)

f:id:sakura818uuu:20171027144841p:plain f:id:sakura818uuu:20171027144852p:plain

さいごに

フリマアプリによってソートも絞り込みもばらばらなことが調査の結果からわかりました。
アプリごとの特性や年齢層によってそれに応じて検索の違いがあるのは当たり前ですが、改めてまとめてみたりインタビューさせていただくとその検索の背景がわかって面白かったです。