検索ブログ

主に検索のことについて書いています。

Elasticsearchのcat APIs

Elasticsearchのcat APIsについて記す。

公式ドキュメント cat APIs を参考にした。

www.elastic.co

検証環境: Elasticsearch 6.0.0-rc2

以下ではcat APIsにhelpをつけるかつけないかの違いを表している。helpをつけた場合はそれぞれの項目の詳細情報を表示する。

bash-3.2$ curl -XGET 'localhost:9200/_cat/master?v&pretty'
id                     host      ip        node
yVqPsnMQQh63AjRn3Q9Fng 127.0.0.1 127.0.0.1 Node 1
bash-3.2$ curl -XGET 'localhost:9200/_cat/master?help&pretty'
id   |   | node id    
host | h | host name  
ip   |   | ip address 
node | n | node name 

hで取得したいヘッダーを指定できる。

bash-3.2$ curl -XGET 'localhost:9200/_cat/nodes?h=ip,port,heapPercent,name&pretty'
127.0.0.1 9301 22 Node 1
127.0.0.1 9300 18 zAKSsqv

他にも、timeやsize,bytesなどの単位のパラメータを変更したりやsort機能などももちろんある。

現在、formatパラメータ(?format=)でサポートされているのはtext (default), json, smile, yaml, cborである。 また、Accept HTTP headerを適切なmedia formatに変更することも出来る。