検索ブログ

主に検索のことについて書いています。

fessで検索ログ可視化しようと思ったらうまくいかなかったメモ

fessの公式ドキュメント 検索ログの可視化の設定(http://fess.codelibs.org/ja/11.4/config/kibana.html#id2)を読みながら試してみたのだけれど、どうも上手く行かなかったのでメモ

https://www.elastic.co/downloads/kibana に従い、Kibana 5をインストールします。 Kibana に Fess で用いる Elasticsearch を認識させるため、 Kibanaのディレクトリ/config/kibana.yml の elasticsearch.url を以下のように編集します。

elasticsearch.url: "http://localhost:9201"

localhost は環境に合わせて設定してください。

上記はすんなりできた。

Fess を起動した状態でKibanaを起動し、http://localhost:5601 にアクセスします。

Kibana のホーム画面が表示されるので、まずは可視化対象のインデックスを指定します。

5601にアクセスしたがstatus redになってホーム画面が表示されなかった。ES5ではなくES6しかインストールしていなかったことを思い出し、ES5をインストールした。その後kibana,fess,elasticsearchをすべて起動させたら5601にホーム画面が表示された。

Index name or pattern のパターンに fess_log と入力し、Time-field name で requestedAt を選択して、Create ボタンを押下します。 次に、デフォルトの設定をインポートします。 画面上部から Settings、その後 Objects を選択します。 ここで Import ボタンを押下すると、ファイルを選択するウィンドウが表示されるので src/main/assemblies/extension/kibana/fess_log.json を選択し、インポートします。

f:id:sakura818uuu:20171111175328p:plain

Importが見つからなくてどこかなと探していたが、おそらくIndex Patterns/Saved Objects/Advanced SettingsのSaved ObjectsのImportを指していると思う。fess_log.jsonを選択したが、Saved Objects: Saved objects file format is invalid and cannot be imported.というエラーがでてしまった。

f:id:sakura818uuu:20171111175653p:plain