検索ブログ

主に検索のことについて書いています。

英語を勉強している

単語覚える系

単語を使いこなせるまでこんなかんじだと思うんだけど

1.単語の存在を知る
2.単語の意味がわかる
3.単語を発音できる
4.会話の中で単語を使いこなせる

このうちの1-3を単語覚える系のアプリで覚えている。 スマホアプリのmikanが個人的に好きだった。でもmikanはすぐ終わっちゃうし反復機能がちょっと弱い。
他にスマホアプリだとiknowとかもいいらしいけど使ったことない。DMM英会話に入ってればオプションで無料で使えるようになるらしい。

いまはエングリッシュを使っている。エンジニア向けの英単語が揃ってて反復機能も備わっててキーボード操作もできる。スマホに普段触ることが少ないのでWEBで出来るのが個人的になにより嬉しいポイントのひとつである。

でも単語カード作って英単語覚えるのは最悪の方法だと色んな英語教育の本に書いてあることも知っている。

リスニング系

TEDとかPodcastNHK WORLD RADIO JAPAN とか聞いてる。どちらも難しくいまだに全然聞き取ることが出来ない。

カンフー・パンダとかAmazon Primeで見れる映画を字幕隠して見たりしたのが楽しかった。
洋楽の曲を覚えたこともあったけど歌詞なので言い回しが独特なのとジャンルが偏ってる語句で自分の目的にはあっていなかった。

他にはKhanacademyで講座を見たりしている。

ディクテーション系

ディクテーションは中学の時に身につけた。アニメとか好きな動画を見ているときに同時にえいご漬けでディクテーションをやっている。ディクテーション系にはそんなに比重を置いていない。

スピーキング系

以前はMOKAをというスマホアプリをやっていた。MOKAシャドーイング(聞きながら後追って発音するやつ)のスキルを身につけた。MOKAはもともとえいご漬けを開発していたプラトという会社がつくっていたものなので自分にすごく合っていた。

Youtubeバイリンガール発音動画I'm so mad at myselfunorganizedが好き。

しごとの基礎英語毎日の英文法が特に好き。

実際にオンサイトでもしゃべるようにしてる。
スピーキング系は第一に比重を置いていて、少なくとも毎日3時間はしゃべるようにしてる。

ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。とかマンガでわかる前置詞とかマンガでわかる 英語がスッと出てくる新感覚英会話などがよかった。
Grammar In Useとかも人気らしいけど本屋行って3000円で諦めた。他にも英語で書かれた英語教育の本や洋書などもあるけど値段が大抵高い。私は基本的に図書館いってそこにある本を借りている。

まとめ

とにかくしゃべれるようになりたい。
いまの比重は、単語覚える系20%・リスニング系10%・ディクテーション系5%・スピーキング系40%・本25%くらいで単語覚えつつ本で英語の勉強方法を軌道修正しつつがむしゃらにしゃべっているかんじでやっている。
将来的には、単語覚える系5%・リスニング系15%・ディクテーション系0%・スピーキング系70%・本10% でスピーキングをメインにしていきたい。